生え際 ニキビ ハゲ

ハゲる?

生え際にニキビができやすい

昔から生え際にニキビができやすい方でした。

 

ワックスをつけて出かけた飲み会の後に、そのまま寝てしまったりすると、たちまちニキビができてましたね。

 

それでもハゲる気配はないし、ニキビは髪をおろせば見えないから放置してたんですが、久しぶりに会った親から「ちょっと生え際キテないか?」といわれてしまいました。。

 

毎日見ているから自分では生え際の後退に気づかなかったんですね((+_+))

 

菌が原因の脂漏性皮膚炎

気になって調べてみると、生え際のニキビは、脂漏性皮膚炎という症状でそのまま放っておくと脂漏性脱毛症というハゲになってしまう可能性がありました。

 

調べた細かい事はあとでまとめますが、重要なのは、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌という菌が原因だったのです。

 

脂漏性皮膚炎が気になる人は、皮膚科で診てもらうといいですよ。

 

 

菌を洗えるシャンプー

生え際ニキビを改善したいと考えている方の中には、「出来れば、自分でケアをして、治していきたい」と考えている方もいると思います。

 

探してみると、あまり有効な手段も見つからなかったのですが、唯一、日本初の抗カビ成分配合のシャンプーで「コラージュフルフル」というのがありました。

 

≫菌を洗ってスカルプケアのコラージュフルフルはこちら

 

僕の場合は、生え際の後退も気になってたので、単に菌を退治するだけじゃなく、スカルプケアもしないといけないので、これはちょうど良かったです。

 

しばらく使ってみると、本当に生え際のニキビは気にならなくなってきました。

 

抜けてしまった毛がいきなり復活することはありませんが、毛穴の脂もなくなったので、これ以上の後退は防げるかもと期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ここからは、脂漏性皮膚炎について僕が調べた細かい内容をまとめます。
もし、詳しく知りたいという方は読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生え際のニキビはハゲの前兆!?

ストレスや寝不足ホルモンバランスや食生活の乱れなどが皮脂の過剰分泌をおこすこと。

これが生え際のニキビの原因です。

 

そんな、皮脂の過剰分泌をおこす生活の乱れですが、これはそのまま生え際が後退するAGAの原因にもなります。

 

ニキビ以外にも、生え際や頭皮が赤くなっているばあいにはさらなる注意が必要です。
生え際や頭皮の赤みというのは、脂漏性湿疹脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎が原因の場合があるからです。

 

脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎はニキビとも無関係ではありません。
生え際のニキビを触ったり潰したりすると、手から毛穴に細菌が感染し脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎の原因になるからです。

 

生え際や頭皮の赤みの他に、フケが大量に出ている場合は特に脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。感染した細菌がフケをエサにしているという見方もあります。当てはまる場合は速やかに皮膚科の診断を受けるべきでしょう。

 

生え際にニキビがよくできたり、なかなか治らない場合は、体質の改善もひとつの解決法です。
ニキビ体質を治すには、睡眠、皮膚の清潔維持、食生活、運動が欠かせません。

 

 

1:睡眠

皮膚は睡眠の間に再生されます。状況が許せば、可能な限り8時間を目標にしっかり睡眠をとることがおすすめです。特に、夜10時?2時の間は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンによる肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる時間なので、この時間を含む8時間の睡眠が最も効果的です。

 

2:皮膚の清潔維持

ニキビはもちろんのこと、脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎の原因になる菌の繁殖を防ぐためにも皮膚を可能な限り清潔に保つことが必要です。
生え際ということだと、ニキビ洗顔をしても、コンディショナーなどが影響することもありますから、シャンプーやコンディショナーの選び方にも工夫が必要です。

 

3:食生活

ニキビに対策するには和食・野菜中心の食生活・栄養バランスがおすすめです。
肉類・脂分の多い食事や砂糖・生クリームを食べる量が多いと、ニキビができやすくなります。

 

4:運動

運動によるニキビ予防で期待できるのは、新陳代謝を高める効果です。また、汗を流すことで、毛穴につまった汚れを排出する効果もあります。運動は激しいものではなく、あくまで新陳代謝や発汗を目標に、ウォーキングやジョギングで十分です。

 

 

 

 

生え際にニキビができやすいのは、生え際は毛穴や皮脂腺が多いため、シャンプー・コンディショナーの洗い残し、洗顔料の洗い残しの影響も受けやすいのも原因のひとつです。

 

こうしてニキビができるだけならまだ良いのですが、できたニキビが気になって触ってしまう、引っ掻いてしまうなど細菌の多い手が触れてしまうと、そこから細菌に感染し、脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎になってしまうことがあります。

 

生え際のニキビが脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎といった脂漏性のトラブルを抱えた状態の場合、生え際の後退・M字ハゲの原因になります。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮膚の常在菌である真菌(マラセチア菌)が原因の皮膚炎です。
脂漏性皮膚炎になると、生え際に赤みが出て、かゆみを伴う湿疹ができます。
また、皮膚が剥がれるのでフケが大量にでるようになります。

 

原因は常在菌:マラセチア菌なので、完全に治しておかないと、再発・慢性化する恐れがあります。

 

短期的な治療では、細菌が原因のためステロイド治療が行われます。
しかし、ステロイド剤は長期間使用すると副作用などの弊害があるのと、中途半端に使用をやめると再発・慢性化してしまう危険性があるため、最近ではケトコナゾール外用薬が治療に使われるようになりました。

 

ケトコナゾール外用薬はもともと白癬やカンジタなどに使われていた薬ですが、脂漏性皮膚炎の治療にも効果があることがわかったからです。

 

脂漏性皮膚炎で発生したフケや皮脂で毛穴がふさがれてしまうと、毛穴周辺や毛根が炎症を起こして髪の毛が細くなる、抜け毛が出るなどの症状が出てきます。

 

これがまさに、生え際のニキビ→脂漏性皮膚炎→禿げる、と言われる原因で、脂漏性脱毛症と呼ばれています。

 

脂漏性脱毛症も脂漏性皮膚炎もニキビと同じで、過剰に分泌された皮脂が原因になりますから、ニキビを予防するのと同じで、生活習慣を改善することと、肌に合ったシャンプーを使用することが重要になります。

 

 

そこで役立つのが、菌も皮脂も洗浄できるスカルプシャンプー。
こういう特殊なシャンプーは、ほかには無いので
日本初の抗カビ成分配合のシャンプー「コラージュフルフル」の一択です。

 

コラージュフルフル スカルプシャンプーの特徴

  • 抗真菌成分を配合
  • 刺激の弱い洗浄成分で肌荒れを防ぐ
  • WEB限定割引
  • いつも通り洗髪するだけのケア

価格 評価 備考
2700円 評価5 菌と皮脂を洗うスカルプシャンプー

 

 

 

 

 

 

少し頭の痛くなるような専門的な話

 

ここから先は、マニアックにシャンプーを比較している人のための専門的なお話です。
結論だけ言うと、コラージュフルフルは問題ないということが言いたいです。

 

合成界面活性剤 = 悪という風潮

ネットでシャンプーの界面活性剤について検索すると、合成界面活性剤を配合したシャンプーはタンパク変性が発生するので髪にも頭皮にも良くないという主張が多く出てくると思います。

 

 

昔から言われていたことなのですが、先日ある美容師のブログがこのうわさを実験で検証するという記事が拡散され話題になりました。
記事の実験も非常に見ていて面白いもので、実際にいろいろなシャンプーを試験管のなかで生卵とまぜてタンパク変性が発生する様子をわかりやすく見せてくれ、ネットユーザーは感心するとともにこの説に非常に納得・・・・したかに見えました。。

 

 

本当に詳しい方からの反論にネットユーザー騒然

しかし、その数日後、さらに詳しい知識をお持ちの方からこの実験に待ったがかかりました。
市販のシャンプーで髪や頭皮のタンパク質は変性しません

 

 

要約すると、タンパク変性をネタに合成界面活性剤を貶める説明は、昔から定番の美容師のポジショントークだったということなのです。。。

 

 

この反論記事が拡散されるやいなや、ネットの論調は手のひらを返したようになってしまい、元のタンパク変性実験で合成界面活性剤にたいして問題提起したブログは炎上し、その結果、削除逃亡するという顛末を迎えました。

 

 

ただし、この詳しい方も最後のほうで言及されているように、ラウリル硫酸は肌が荒れやすいという側面は確かにあります。

 

 

コラージュフルフルってどうよ

さてここで、確かめたいのが、コラージュフルフルはどうなのか、という点ですね。
「コラージュフルフル 界面活性剤」で検索すると、こんなQ&Aが出てきます。
頭皮湿疹で悩み中です

 

 

ベストアンサーは
>コラージュフルフルもタンパク変性作用(タンパク質の構造を変える)を伴う合成界面活性剤のシャンプーなので
なのでだめですというコラージュフルフルへの批判に始まり・・・

 

>洗浄力、タンパク変性作用の弱いベタイン系のものに徐々に切り替えていくことです。
と、ベタイン系をおすすめして締めています。

 

 

紛らわしいのですが、ここで比較すべき界面活性剤には、ラウリル、ラウレス、ベタインの3つがあります。
一般的に頭皮への刺激の強さは
ラウリル>ラウレス
です。

 

 

そして、ここでベストアンサーの意見によると
ラウリル>ラウレス>ベタイン
という主張なので、ベタイン系のシャンプーを選ぶべき、というわけです。

 

 

ですが・・・
コラージュフルフルのサイトを見てみると成分表記にはこうあります。

 

コラージュフルフルスカルプシャンプー <無香料>
(販売名:コラージュフルフルスカルプシャンプー) 医薬部外品
ミコナゾール硝酸塩*、ピロクトンオラミン*、センブリエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、BG、ラウロイルメチル‐β‐アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、濃グリセリン、プロピレングリコール、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、無水クエン酸、メントール、HEDTA・3Na、水
引用:http://hc.mochida.co.jp/products/ingredients/collage_f.html

 

 

うん・・・ベタイン系ですよね。
というわけで、ベストアンサーの人はコラージュフルフルを批判ましたが、実は公式サイトをよく見たらこの人が最終的にオススメしたベタイン系だったわけです。

 

 

 

成分についてのウワサと実情まとめ

  1. そもそも、合成界面活性剤がタンパク変性を起こす危険性についてのウワサはデマレベル。美容師のポジショントークがほとんど。
  2. 界面活性剤の中で序列は「ラウリル>ラウレス>ベタイン」
  3. コラージュフルフルはその中でも一番安全なベタイン系

ということです。
ネットにはデマや勘違いから詳しい情報までいろいろありますから、不安になりがちですが、いったんここでその実情をまとめてみました。

 

また、すでにM字状に薄毛が進行してしまっている場合には、育毛剤もあわせて対策すると心強いです。
M字はげにきく育毛剤の選び方

 

 

 

 

 

 

生え際 ニキビ ハゲ

 
はげ、ハゲの悩みを持つ人は多いです。使用する育毛剤や利用する植毛クリニックなど、金生え際のニキビだけで選択していないでしょうか。単に。安いからというだけで決めずに、しっかりと比較し、効果や実績が確かなものを判断する必要があります。

実は夫がAGAになりました。ハゲというと気分を害するので、内ではAGAと発言しています。「今のご時世AGAは治療法も治せる薬もあるんだ」治療に通っているのです。でも、私としては、ハゲの男の人ってどちらかというと好きなんです。わざわざ治さなくてもいいのになと思います。歳をとってくると多少なりとも、髪の毛が少なくなってきたので、まずは自分で何かできないかと、インターネットをいろいろ調べてみると育毛には亜鉛が効果的だというページを読みました。亜鉛はサプリメントになって売られている事はわかっていましたから、すぐに購入しました。育毛の道のりの最初の一歩が始まったばかりなのですがどのような変化があるか期待に胸が膨らみます。毛が抜けないためにイソフラボンが効果的なのかを探ってみました。
加齢に伴って体内の女性ホルモンが少なくなってしまいます。
女性ホルモンが少なくなるとハゲが増えてしまいます。
イソフラボンには女性ホルモンと似た効果があるといわれ、貴重な毛を抜けさせない作用が期待できます。発毛させるためには血行が大切となります。もし、血行が不良だと、髪が弱くなり、抜け落ちてしまうでしょう。
発毛を希望している方は、最初に血行を促進させて、生え際のニキビまで血の流れを取り込むことが大切なこととなります。これだけでも、多大な効能があります。
たぶん多くの人にとって、育毛、と聞いて連想されるものは、海藻ですが、海藻だけを山のように食べても育毛できるかといえば、違うのです。ミネラルや食物繊維を、コンブやワカメは含んでいますから、育毛に良い効果を与えますが、ただそれだけで育毛が促進したり、生えたりしたらいいのですが、そうはいかないのです。育毛する、そのためには、亜鉛、鉄分、タンパク質等、多くの種類の栄養素が要るのです。
育毛剤bubkaのすごいところは、海藻エキスが入った育毛成分をびっくりすることに、32種類も入れていることです。それから、ナノテクノロジーを施した水を惜しみなく使い、エキスの有効成分が毛乳頭に入り込みます。
それに、脱毛させないための髪に良い細胞活性アミノ酸などもふんだんに使っているのです。
若いうちからハゲる家系なので、私の頭も早くもハゲが多くなってきました。二、三日前にお薬で脱毛が治療できるという話を聞いて、さっそく調べた結果、プロペシアのことを知ったのです。なかなか凄いと思い、もっと調べたら、強いデメリットもあるらしいので、使うには躊躇してしまいます。
脱毛が気になり、以前のように戻りたいと思って頼るのが、育毛のための健康食品です。生え際のニキビよりも深い部分から、体内から重要な成分を急襲して、育毛に作用してあなたを助けます。
最近の人は忙しいので、体の内側から食事によって改善するのは困難なので、このサプリを飲むことによって、育毛の対策になるでしょう。
ハゲの悩みがあるのは女性だけではありません。
男性も悩むのです。
髪の毛のことを女性に話題にされると男性であっても落ち込みます。毛髪の少なさを治そうと育毛剤を使用するのが一般的に行われる対策方法です。育毛剤と併用し、育毛シャンプーを使う人が多いです。両方使うことで、より効果が期待できるでしょう。